カテゴリ: 彼氏 外資系

気まずい空気の中、こうじさんの部屋に着きました。

こうじさん「お茶でも入れるよ。」

めぐ「うん、ありがとう・・・。」

リビングのソファに座りました。

久しぶりだな・・・、こうじさんの部屋。。。

お茶をいれてくれる間、こうじさんはひとことも話しませんでした。。

そしてお茶をいれ、マグカップを2つ持って、こちらへきました。

ソファに座ったかと思ったら、すぐに立ってしまいました。

ん・・・どうしたのかな?と思っていると、さっきの封筒を手に持っていました。

テーブルの上に封筒を置くと、ちょっとだけ寂しそうに笑いながらこう言いました。

「これ、見ていいよ・・・(笑)。もうわかったよね?」












なんだと思いますか?
こうじさんの受け取った郵便物。


結婚相談所の案内?

元カノからの手紙?

銀座ママからの手紙?


全部、違います・・・。



その郵便物を見た瞬間、めぐの中で全てがつながったんですよね。


なぜ、急に節約、節約と言い出したのか。

なぜ、急にデートが質素になったのか。

なぜ、急に不機嫌になることが増えたのか。



こうじさんの手元にあった郵便物・・・

それは、彼の勤務先の会社の人事部からの封書だったのです。。。

「え?なんで人事部からの郵便物がダメなの?」
って思うかもしれませんが、(外資系企業の場合、)普通、人事部から書類等が届く場合は、社内で渡されます。わざわざ郵便で自宅へ送られてくることはめったにありません。。。ある場合を除いて。

そしてそのある場合とは、

①会社を辞めた場合

②会社をクビになった場合

(例外:雇用前に、入社手続きに必要な書類が郵送で送られてくることはたまにあるかもしれません。)

(注:日系企業の場合はこの限りではないと思います。)

そうこうして、良くない方向へ向かっていためぐとこうじさんでしたが、それでも週に1回、数時間程度は会っていたんですよね。

で、その日は久しぶりにこうじさんの家に寄ったのです。めぐの本で彼の家に置いてあったものがあり、「今度持ってきてー。」と言ったら、「じゃあ、寄っていきなよ。」と言われ、本を取りに行くことに。。。

で、彼のマンションへ行った時に、彼がマンションのメールボックスに寄って郵便物を取り出しました。
郵便物はたぶん全部で3、4通あったようでした。で、2人でエレベーターの方へ歩きながら、こうじさんが何気ない風で郵便物の封筒をさっと見ていたんですよね。
その時に、何気なくめぐもこうじさんの手元を見てしまったのです。

覗き込んだ、というつもりはなかったのですが、なんとなく彼と同じ方へ視線をやってしまったんですよね・・・。

で、その時に、見えてしまったのです。。。。


とっさに、「え・・・?」と思っためぐと、

「見られた・・・?」という表情をしたこうじさん。。。


こうじさんとの関係に??が付くようになり、始めは、「やっぱり別れたくない・・・」と思っていたのですが・・・。なぜ、そんなに別れたくないのか?を冷静に考えてみたんですよね。

で、自分の中での、彼と別れたくない一番の理由が、

「彼を逃したら他に良い人が見つからないかもしれないから」
「彼と別れたら、もう結婚できないかもしれないから」
「(もう、婚活したくないから・・・)」

だということに気づいた時、やっぱり彼との関係は考え直した方がいいと、自分でも思うようになりました。

だって、本末転倒じゃんね。。良い人と結婚したくて婚活を始めたのに、もう婚活したくないから、この人を逃したくない・・・って。

「彼のことが好きだから、彼となら、良い将来を考えられるから、別れたくない」と思ったなら、なんとか別れないで済むように頑張るべきかもしれないけれど・・・。

日に日に距離感が出てきたこうじさんとめぐ。。。

そうすると、今まで気にならなかったようなことが、とても気になるようになってきました。

例えば、彼の帰りが遅くなった日。以前は、仕事関係の人か、友達とでも飲んでいるんだろうくらいに思って大して気にしていなかったのですが。

「今日は、誰と飲んでいるんだろう・・・」

「女性も一緒なのかな・・・??」

「まさか、他の女の子と2人で飲んでたりするのかな・・・???」

そして、挙句には、

「もしかして、(私に隠れて)また婚活始めてたり・・・????」

なんて考えまでが、頭の中でグルグルと・・・


婚活で知り合った彼って、共通の知人とかがいないんですよね。だから、上手くいっている時は良いのですが、一度不安を感じてしまうと、どんどん悪い方へ想像が膨らんでしまう・・・。

「私は、彼のことをどれくらい知っているのだろう?」

と。。。

↑このページのトップヘ