2018年10月

付き合っている彼の気持ちが遠ざかってしまったことに気づいたら、どうするのか?
結構見解がわかれますよね。

めぐも、当時は色々考えましたよ(笑)

①「彼、疎遠」「彼氏、冷めた」「彼氏、引き止める?」「彼氏、別れを避ける方法」等々・・・
痛いワードを並べつくして、ぐぐりました。。

すると、出てくるわ出てくるわ・・・色々な解決策らしきものが。
でもさ、みんな言ってることがバラバラなんですよね。まあ、ある意味当然なんだけど。。
「こうすればうまくいく」なんて確立された方法があるなら、誰も苦労しません。。

「始めが肝心。放置してはいけない。手遅れになる前に、対策を。」みたいな見解もありましたが、じゃあ、対策って具体的に何をするのか?が書いてなかったり・・・

間逆の意見で、「しばらくは距離を置いて、様子をみること。あわてて何かしてはいけない。冷静に待てば、彼の方が心配になって戻ってくる。」みたいなものもありましたよ・・・

戻ってこなかったら、どうしてくれるのよ・・・って思ってしまったり。。


②友人に相談もしました。もちろん、既婚の勝ち組友人たちに。
で、彼女たちに言われたことは、結論的には、

「そいつはやめとけ」

ということ。

「だいたい、めぐちゃん、その人でいいの?」って。

「まだ付き合って数ヶ月。一番盛り上がる時期でしょ?なのに、そんなタイミングで、ケチ臭さ前面に出してきて、めぐちゃんが自分で稼いだお金の使い方にまで口を出してくるなんて・・・

立場わきまえろよ。」

ということらしい。

「結婚後の話とかになっていて、尚且つめぐちゃんが専業主婦になりたいと言っている場合に、それならこういう部分は節約必要だよ?とか、自分はここは出費抑えたいポイントだから、とか話してくれるなら、彼は金銭感覚がしっかりした人だよ。でも、お付き合いをしている段階で、バリバリ働いて稼いでいる女子相手に、細かいところで、お金の使い方に口出ししてくるなんて、

お前、何様だ?」

と言ってやりたい・・・と。

今思えば、そんなことを言ってくれて本当に「ありがとう」なのですが。

当時は、どこかで彼をかばっている自分もいました。

ご両親に会って、なんだか微妙な空気感になってきて、自分でも微妙だなって思い始めていたのにもかかわらず、彼の方が冷めてきているのかも、と思ったら、なんだか彼を逃してしまうのは惜しいような気もしてきたりで・・・

もしこれが、彼の駆け引きだったとしたら・・・

「おぬし、なかなかやるな!!」

ってところなんですが、いやいや駆け引きではなくて、本当に冷められていたからね・・・
笑えない。。



変わってしまったこと2つ目。
それは、めぐの呼び方。
それまでは、めぐちゃん、とか、めーちゃん、とか呼ばれていたんですよね。
それが、いつしか、「ねえねえ」とか呼ばれるようになり、名前やニックネームで呼ばれることがなくなってきたのです。。。

ん・・・??これって、意図的にしているのかな?

誰かと間違えないために・・・???

いやね、、、彼氏が急に名前で呼ばなくなったら、一度状況を考えてみた方がいい、っていうのがめぐ&めぐの周りの友人たち(今はみんな既婚)の全会一致の見解だったんですよね。。

で、変わったこと3つ目、は「合う時間&回数が減った」ということ。。。

いや、これ、親に挨拶をして安心した、とか、そういうことじゃないじゃんね・・・
そう思いたかったのは私だけで、「彼の気持ちが遠ざかっている・・・」ということだとわかるのに、そう時間はかかりませんでした。。。

こうじさんの、何が変わってしまったのか?

コウジサンノ ナニガ カワッテシマッタノカ???

まずは、デート。まあ、付き合ってしばらくしたら、お互いに安心してしまう?というか、そんなに毎回気合を入れたデートなんてしてらんないよね。ってことはわかります。でも、どんどん、どんどん、外食のお店がグレードダウンしていく・・・。

いや、たまには食べたいですよ。ラーメンとか。居酒屋メニューとか。でも、たまにだからいいのであって、毎回だとな・・・。しかも、彼、金銭的には全然余裕があるのに・・・。

そして、結構色々な場面で、「節約」を前面に出してくるようになりました。。。

もちろん、節約は大切だし、ましてや結婚を考えるなら、浪費家より、節約家の方がいいのはわかるのですが、、、それ???ってところで繰り出してくるんですよね・・・
うーーーん。しかも、めぐにもそれを押し付けてくるような場面が増えてきたりで・・・。

やたら会話に「コスパ」という言葉が増えてきて・・・

こうじさんのご両親に会ったので、今度めぐちゃんのご両親にも一度会ってみたいと、こうじさんから言われました。

少し前なら、かなーり喜んだと思うのですが、、、なんだかテンションがあがらないめぐ。。
これって、マリッジブルー?ってやつ??なんて思いたかったのですが、

おいおい、そもそもまだプロポーズとかされてませんからーーーー!!!

と自分で突っ込んでみたり(笑)。。。

「うちの両親は真面目だから、会いに行ったら結婚するものだと思い込んじゃうよ~。だから、会うのは、結婚が決まった挨拶の時でいいよーー。まだちょっと早いかな~?」

なんて、ごまかしたりしていました。。。本当はもうそんな余裕なんてないんですけどね。親に会いたいと言われたら、すかさずスケジュール組んで、ここぞとばかりに段どらなくてはいけないのに、どうもそういう気持ちになれず・・・


こうじさんから聞いた、お母様からのめぐの評価・・・

「○○さん(お兄さんの奥さん)よりはいいんじゃないかしら?」

とのこと。。。

こうじさん、いくらなんでも正直に答えすぎ。。。もう少しぼかした方が良かったんじゃないかな・・・。そういう場合はね。

で、お父様のお誕生祝いの会に行ってから、ご両親に会ったこともあってか、ちょっとずつこうじさんが本性?を出してきたような・・・???

こんな人だったっけ・・・ 

↑このページのトップヘ