2018年08月

いや、、、あのさぁ・・・。。もう、私があなたの母親に認めてもらえるかとか、どうでもいいんですよ。私があなたの母親に会うことはありませんから。。ええ、100%ありません。

彼の中には、自分が私から「お断り」されるかもしれないという発想はないんですかね・・・。こちらが無言でいると、なんとさらに畳み掛けてきました。

はげさん「あとさ、何か楽器とか、できるの?」

なんか、もう「できるの?」っていう言い方にすらイラっとするめぐ 

めぐ「着付けはできません。楽器もできません。やっぱり私には無理っぽいですね。」

ほぼ、無表情で、棒読みだったと思います。めぐ、本当はピアノをやってましたので、そこそこは弾けますが、あえて言いませんでした。すると、こいつはダメだと思われたのか、こう言われました。

はげさん「うーん。。それだとちょっと無理かもしれないねぇ。」

そしてその後に、なんと・・・

「ちっ・・・。」

と舌打ちされました。。。

音は小さかったのですが、衝撃だったので、一番大きい文字で記しておきます  


いやいやいや・・・

やれそう?って聞かれましても・・・

ムリです

無理です

大事なことなのでもう一度言います

無理です!!

と言ってやりたかったんですがね・・・めぐも、このひと相手に真面目に返答しても、なんだかばかばかしいし。。それになんかちょっと怖いし・・・(ビビリなめぐ  )と思い、できるだけ差しさわりのない返答を心がけました。

めぐ「なんか、、すごいお話で、私にはちょっと荷が重いかな、、って思っちゃいました・・・。」

はげさん「いや、やる気の問題でしょ。やる気さえあれば大概のことはできるんですよ。気合があるかどうかでしょ?気合だよ。気合。」

え、、、あの、そういうことではないんですがね。まさかのやる気論を語られるとは・・・。そして気合・・・。こんな時に、めぐの頭は、レスリングの浜田京子選手のパパを思い出してしまいました。。

「気合だ!気合だっ!!京子、気合だーーーーっ!!」  って感じ。

私、京子じゃないし・・・。。なんてふと思いながら、我ながら、なかなかの現実逃避っぷりだなと、、、そんなにこの状況がストレスなんだな・・・なんてことを考えていました。。

すると、とつぜんはげさんがまた話しだしました。

はげさん「で、着付けはできるの?」

めぐ「え、、着付けって、着物の着付けですか?」

はげさん「そうそう。着物を自分で着られないようじゃ、うちの母には認めてもらえないからね。」

なぜか、ちょっとドヤ顔で言うはげさん。。









↑このページのトップヘ