2018年03月

以前、結婚相談所主催のお見合いパーティーには参加したものの、なかなか良い結果につながらなかっためぐ。今回は、パーティー会社主催の婚活パーティーに参加してみた時のお話です(笑)

男性の参加条件が医師、弁護士、会計士、経営者、公務員、1部上場企業勤務 限定
女性の参加条件は、35才以下限定 というもの

表参道の某パーティー会場で行われました。
で、初めてにもかかわらず、1人で参加しためぐ  
友人と一緒に行けたら良かったのですが、都合が合わなかったので、気にせずに1人で行きましたよ(笑)

始めに、受付で身分証明書を提示。プロフィールカードを受け取って記入します。
開始時間までは、男性と女性で離れて座らされるシステム。

ざっと男性陣を見渡しますが・・・。。。来るところ間違ったかな・・・と。
前に参加した結婚相談所主催のパーティーに比べて、だいぶメンバーの質が下がる感じ・・・。
開始前から不安になるめぐでした。。

そして、妙にテンションの高い司会者(笑)
ホストクラブ みたいなノリなんですよね、司会者が 
大丈夫なのかしら・・・と思ったら、やっぱり大丈夫ではありませんでした。。。

1、2分ずつの全員とのトークタイム。
お互いにプロフィールカードを交換して話します。

8割方は、もう初対面で微妙すぎ。。
一応婚活なんだから、せめてこぎれいな服装で着て欲しい!!!と思うような方ばかり。。。

で、外見が普通(カッコイイではなくて、あくまでも普通。電車で隣に座られても不快に感じないレベル、って程度)な人も中身が強烈・・・

めぐには、結構色んなタイプの友人がいるのですが、元モデルの友人からホームパーティーのお誘いがあったので行って来ました。

婚活中は、こういった ちょっとよくわからない? パーティーのお誘いにも、なるべく行くようにしていました。どこに出会いがあるかわからないからね・・・

ホームパーティーの場所は、なんと、虎ノ門ヒルズのレジデンス  

ちょっとテンションあがります 

友人と一緒に、十数階のお部屋へとお邪魔します。
かなり広めのリビングに、男女15人前後くらい?若干女性が多い感じでした。
なんだか、まるで東京カレンダーの小説みたい(笑)

部屋の主はIT企業の経営者でした。男性は、彼の経営者仲間という人がほとんどで、女性はモデルさん、CAさん、女医さんなど。女性陣は全体的にキレイどころな面々。

食事は有名レストランのケータリング。こんなパーティー本当にあるのね・・・と思っためぐでした。

何人かの男性&女性と連絡先交換をしました。
女医さんなんかは、良い婚活友達になれるかも?と。
男性陣は、ちょっと難しいかな・・・。なんか、ちょっと派手すぎるんですよね。タイプ的に。
めぐは、外資系勤務という事もあってか、派手な風に見られることも多いのですが、男性の好みは地味目な人が好きなんですよね。イケメンとか、おしゃれ過ぎる男性とか、あんまり求めていないんです。

全く外見に気を遣わない男性もダメですが、女子よりおしゃれに気を遣う男性も苦手。。
ブランドのアクセサリーとかを身につけている男性ってちょっと引いてしまうのです。。。

ということで、キラキラ ギラギラ しすぎた セレブ?なパーティーは、楽しい時間を過ごして終了でした 

弁護士さんとのお見合いをことのほかエンジョイしためぐ(笑)
初対面であれだけ楽しく話せるって、かなり良い感じ
と、すっかり浮かれていましたが、、、

先方からのお返事は・・・

お断り でした

( ̄◇ ̄;) かなり、ショックです。。良い感じと思っていたのは私だけだったのね、、、と。

選ばれない者の立場を噛み締めます(T ^ T)

何がダメだったのか、正直あまりわからない。。。外見?くらいしか思いあたらない。。
ニコニコと、感じ良くお話したのになー。

相談所の人からは「残念ながら今回はご縁につながりませんでした。」との超シンプルなメールのみ。
何か理由はわかりますか?と一瞬返信しそうになりましたが、聞いても本当のところなんてわからないだろうなーと思ってやめました  

佐藤さん「めぐさんは、甘いものとかお好きですか?」
めぐ「はい、実は大好きなんですよね  」
佐藤さん「そうなんですね。実は僕も好きなんですよね。男のくせにねー。なんか恥ずかしいですよね。」
めぐ「えー、そんな、いいじゃないですか。スイーツ好きな男性ってすっごく貴重ですよ。私は、男性がスイーツ好きっていうと、それだけで「ちょっといいなー」って思っちゃいますよ  」
佐藤さん「本当ですか?ちょっとだけポイントあがりましたかね(笑)?」
めぐ「かなり高ポイントですよ  」

こんな感じで、どこのスイーツが好きかという話から始まって、食事の好みや休日の過ごし方、仕事についてなど、いい感じで話が続きました。普通に話していて楽しいと思ったのは、婚活をして初めてかも。
お見合い時間の1時間があっという間、なんてことあるんだなー、ってね。

1時間ちょっとしたところで、お開きに。会話も弾んだし、OKのお返事がもらえるかなー、と期待しながら帰りました。で、早速、アドバイザーさんに返信します。「交際希望でお願いします。」!!(笑)と。

めぐ29才。お相手の弁護士さん36才(佐藤さんとします)。
お互いに都内在住、親との同居希望ナシ。
「うん、いい感じ。」と思って結構期待して向かったお見合いでした。

ちょっと気合が入っていたので、15分前にはホテルについて、トイレでメイク直し(笑)
きっかり3分前に、ロビーラウンジへ向かいます。
ラウンジが予約してあるとのことだったので、予約名を告げて席へ。
まだ先方は来ていませんでしたが、めぐがお茶のメニューを見ていると、時間ぴったりに登場。

佐藤さん「はじめまして。佐藤です。よろしくお願いします。」
めぐ「はじめまして。めぐです。よろしくお願いします。」

佐藤さん「お待たせしてしまいましたか?」
めぐ「いえ、今ちょうど来たところです。」

佐藤さん「良かった。今日はお天気がいいですね。電車で来られましたか?」
めぐ「そうですね。気持ちのいいお天気ですね。はい、電車で来ました。佐藤さんも電車ですか?」

佐藤「実は僕、職場がこの近くなので、さっきまで少し仕事をしていて、歩いてきました。」
めぐ「あ、そうだったんですね。お疲れ様です。お仕事はお忙しいんですか?」

佐藤「それほどでもないんですが、ちょっと今日中に片付けたいものがあったので。飲み物、何にしましょうか?決まりましたか?」
めぐ「あー、そうですね。私は、紅茶にします。」
佐藤「じゃあ、僕はコーヒーで。せっかくだから、ケーキとか、いかがですか?なんか美味しそうですよ?」
めぐ「佐藤さんは、ケーキ召し上がられますか?」
佐藤「ちょっと魅かれるな~。食べちゃってもいいですか?もし、よろしければめぐさんもぜひ。」
めぐ「じゃあ、私もいただいちゃおうかな。ホント、美味しそうですね。」

なんだか、いい感じ。。。と思っためぐ。別に、ケーキに釣られたわけではありませんよ。
でも、お見合いではお茶を、というのがルールな中で、さらっと女性にケーキを勧められるって、なんだかスマートに感じるんですよね。「食べちゃってもいいですか?」って言い方もなんだかかわいらしいしね(笑)。何しろ、話がしやすい。。。ちょっとした最初の会話も、天気の話とかで、無難なのがgood★です。

↑このページのトップヘ