2018年02月

長〜い長〜いお話が終わり、やっと解放されためぐ。
帰り道に、早速、メールで結婚相談所へ「お返事」の連絡をします。

「今回はお断りして下さい。ありがとうございました。」

と、超短い連絡をしました。

あまり上手くいきませんでしたか?とか、初めてのお見合いはいかがでしたか?、みたいな返信が来るのかと思いきや、

「わかりました。ご連絡ありがとうございます。先方にはお断りしますが、先方のお返事がきたら、一応お聞きになりますか?それともお伝え不要でしょうか?」

との事務的な返信のみ。。

まあ、その方が助かるんですけどね。

「先方のお返事は、一応、伺いたいです。」と返信しました。

そして翌日、、

「先方からは、仮交際申込希望とのお返事でしたので、残念です。お見合いありがとうございました。」とのメールが相談所からありました。

なんか、就職活動の「お返事」みたいなね。。

みなさんこんばんは。バリキャリ女子、めぐです。(滝川クリステル風に言ってみたい)
すみません、ちょっと酔ってます。

メッセージやコメントで、「婚活頑張ってくださいね!」とのあたたかいお言葉をいただくことがあり、とっても嬉しいのですが・・・すみません、私めぐは、試練の婚活を乗り越えて、数年前に結婚しました。

なので、このブログは、婚活していた頃を振り返ってのブログになります。わかりにくくてすみません。。婚活をしていた当時は、ブログを書くだけの余裕が(時間的にも気持ち的にも)ありませんでした。だから、婚活真っ只中で、ブログを書かれているブロガーさんは、本当にすごいなぁって思います。
婚活中は、いつも婚活ブログを読むのを楽しみに頑張っていました。で、いつか婚活卒業した暁には、私も書いてみたい、って思っていたのです。

ブログ初心者なので、読みにくい部分、面白くないよ、っていう部分もたくさんあるかと思うのですが、婚活現役時代に愛読していた「ひろんさん」のブログなみの超絶使える婚活アドバイス or 「早川ゾンビさん」のブログなみの面白い記事を書けるようになれたらなぁっていうのが現在の目標です。

(勝手に名前を出してすみません。ご不快に思われた場合には、ご本人からご連絡いただければ、訂正させていただきます。って、見てないか。。。)

そして深いため息の後、、、
語る語る   
鈴木さんの長い自分語りが始まってしまいました。。。
あまりに区切りがなくて、会話を挟めない 

へー、とか、ほー、とか、くらいしか挟めない

飲み物がきても、そんなのお構いナシで話し続ける・・・

初対面で、会話が続かなかったらどうしよう  とちょっと心配していたのにな 

まあ、会話というより、鈴木さんの一方的な自分語りなんですが 

会計士さんって、ちょっと口下手なイメージがあったのに。。
そして、衝撃の一言が 

鈴木さん「めぐさんって、あまり話さないんですね。緊張してるんですか?」

えええ・・・・。だって、話させてくれないじゃないですか?
かぶせてしゃべっていいんですか?

めぐ「あ、すみません。ちょっと緊張してしまって。。」
とりあえず、話をあわせることにしました。

鈴木さん「緊張してるんですか?僕はもう数十回ってお見合いしてるので全然緊張しませんよ。」
と、なぜかドヤ顔。。 

おーーーい。。お見合い何十回もしてるって、何十回してもまだ結婚できてないってことであって、自慢することじゃないよーーー!!!と心の中で思いっきり叫びました。。

早く帰りたい。。。仕方なく、ホテルの美味しいお茶を飲み続けました。
あぁ、香りの良いお茶って癒される・・・って、自分に言い聞かせてね。もう、完全に現実逃避モード。お見合いって、普通1時間だと思うのですが、例えば、最初の20分でどちらかが「ナシ」だなって思ったら、お見合いを切り上げられるシステムとかあればいいのに。。とマジで思いました。
テーブルの下にボタンがあってさ、「なし」と思ったら、それをこっそり押す。どちらかが押した時点で、お会計が運ばれて来るとかね。
だって、お互いに「交際希望」にならない限り、成立しなくて、もう二度と会わないわけじゃないですか。だったら、片方が「ナシ」って思っているのに、ダラダラと1時間も話し続けても意味がないような・・・。極論だってわかってるし、常識がないって思われるかもしれませんが、鈴木さんとの1時間のお茶は、それくらいめぐを疲弊させてくれました。。。

めぐ「こんにちは。はい、めぐです。鈴木さんですか?」

鈴木さん「はい、はじめまして。来るの早いですね。」

めぐ「あ、今来たばかりなんですよ。」

早いって、今、待ち合わせ時間の3分過ぎなんだけどな・・・と。若干微妙な気分になるめぐ。

鈴木さん「あーーー。疲れた。もうずっと仕事が忙しくて。」

え、、、開口一番、疲れたって言われても・・・。。。

めぐ「お疲れ様です。今はお仕事が忙しい時期なんですか?」

鈴木さん「そりゃあそうでしょ。ずっとこんなに忙しかったら死にますよ?」

え、、、何なのコノヒト・・・。

めぐ「そうなんですね。そんなにお忙しいんですね・・・」と苦笑いするめぐ。

ホテルのウエイターの人が、オーダーを取りに来ると、「コーヒーで」と自分だけオーダーしてしまいました。。。「めぐさんは、何を飲まれますか?」とかの発言は一切なし(笑)。。。

仕方なく、「紅茶をお願いします」と注文します。

いちいち、発言が感じ悪い・・・。もしかして、鈴木さんは鈴木さんで、実物のめぐをみて、ナシ判定したのかな?それで、もういいやって感じで、こんな対応なのかな?と。

ウエイターさんが去ると、なぜか、鈴木さんに「はぁーーーっ。」と深いため息をつかれました。


結婚相談所に登録をして、初めてのお見合いをしためぐ。
お申込をもらったのをお受けする形でした。

場所は、恵比寿のウェスティンホテルのラウンジでした。
会計事務所を経営している、会計士さん(仮に、鈴木さんとします)。
待ち合わせの、10分前くらいにホテルに着きました。トイレへ行って、メイク直し。

3分前くらいに、ラウンジに行きました。相談所から、席が予約してあるとのことだったので、予約名を告げて、席へ案内されます。
まだ、鈴木さんは来ていませんでした。席で、周りを見渡すと、明らかにお見合いっぽい人たちが結構います・・・。週末の昼下がりはいつもこんな感じなのかしら?
男性がラウンジに入ってくるたびに、チラチラ見てしまいます(笑)。。。

そうこうしているうちに、鈴木さんがやってきました。
ん・・・??だいぶ写真と違うような・・・??
鈴木さん、写真では結構さわやかな雰囲気だったんですよね。でも実物は、そうでもない 
めぐは、あんまり男性の外見は重視しない方なんですが、それでもちょっとテンションが下がるレベルの写真との落差・・・

あーーーー。男性は、写真よりだいぶ外見レベルが落ちる女性が現われた時には、こんな感じで落胆するんだろうな・・・。いや、、写真詐欺にあった男性のがっかり感はもっとなんだろうなーーー、と。
男性は女性の外見と年齢を、女性は男性の年収と学歴を重視するわけですからね・・・。

幸か不幸か、めぐの婚活写真は、あまりできばえが良くなかったんですよ(笑)!!
スタジオで撮影してもらい、プロのヘアメイクで、修正もガンガンしてもらったのに・・・。
なんかね、ちょっと不自然な感じで。。。(←修正しすぎ??)
だから、以前このブログで、絶対に盛った写真を使ってやるわ?的なことを書いていたくせに、いまひとつな写真を使っていました ・・・ 


鈴木さんが席にやってきました。
鈴木「こんにちは。めぐさんですか?」

↑このページのトップヘ