SMの件以外は、本当に、そつなくスマートに振舞ってくれる男性たちで、さくっとA男さんが電話をして、「これから行きますからー」ってことで、ホテルのバーの席を押さえてくれました。

B子「バーは個室じゃないから、大きな声でSMって言わないでくださいね??」

めぐ「確かに・・・。誰かに聞かれたら恥ずかしい・・・」

C男「はーーーーい(笑)」

B男「小さな声で言いますーー!!」

デザートを食べながらも、結構お酒を飲んでいたので、みんなかなり酔ってきていました(笑)

バーに行ってみると、ちょうど良い感じの隅っこのソファー席が用意されていました。
夜景のきれいな一流ホテルのバー。あぁ、、、なんか、一緒に来るメンバーがおかしいよね・・・と一瞬思いました(笑)

それぞれにドリンクを注文し、あとは、B男さんが適当に皆でつまめるように、フィンガーフードをオーダーしてくれました。

A男「俺たち、どうしたらいいの?だれか、アドバイスを頼みますよー。」

B子「だから、カウンセリングだって。」

B男「だからー、病人扱いやめてよー(笑)」

B子「病人扱い、とかじゃなくて、普通にもっと気軽に受けるものですよー?カウンセリングって。」

B男「気軽に相談してもいいんですかー?どうやったら、SMに理解がある彼女を作れますか?って。」

B子「ダメです。」

C子「SMって具体的に、何をするんですか?そもそも、そこからわからないんですけど・・・」

A男「だーかーらー、SMバーに行こうって、言ったのにー。。。」

めぐ「それは、ハードルが高いんですよー。何も知らない人たちにとっては。言葉で説明してくださいよー。」

A子「お店のHPとかないんですか?スマホで見てみますよー。」

C男「ないんだよねー。会員制だし。」

C子「うわー。。こわっ。。。」

B子「違法なのじゃないですよね?」

A男「違法じゃないよー。」

C男「普通のバーだよ。ただ、スタッフの服装がSM風なんだよー。女王様とか。」

C子「それだけですか?」

C男「行ってみるー?今からでもOKだよっ。」

C子「行きません!!!」