困り果てる女性たち・・・

気まずそうにする男性たち・・・

口を開いたのはイケメンのB男さんでした。

B男「こういう言い方するとあれなんだけど、俺たち、別に彼女が全然できません、とか、そういう訳ではないのね。みんな、それぞれ彼女がいたこともあって・・・。で、最初のうちは、SMに興味があるとか、そういうことって言わないじゃん。で、その話をするまでは、みんな彼女とうまくいってたんだよね。でも、ちょっとずつ・・・そういう話をすると、、、振られて。いつもいつも。。。で、男同士で飲んでた時にそういう話になって。それなら、最初から、出合った時にそういう話を言っておいた方がいいのかなーって。でも、一対一で初対面でそういう話も、女の子、困るかも、ってね。」

まぁ、それはそうですよね。
この4人が、モテないはずがない。彼女なんて、いくらでもできるでしょう。

こんな人たちと付き合えたら、女性なら、「絶対に手放したくない」って思うはず。
で、いきなり?のSM好き暴露・・・。

けっこう辛いかも・・・?

A男「そもそも、SMとかって、女の子はあんまり知らない子も多いと思うし、軽い感じで、みんなでSMバーとか行って、ちょっとずづ?話をしてみて様子をみようかな・・・って話になってさ。」

幹事の元モデルのA子が言いました。

A子「それって、SMのパートナーを探したいってことですか・・・?」

B男「違うよー。彼女が欲しいんだよ。結婚とかも考えられる彼女が欲しくてさ。」

なんだか、雰囲気としては、結構真面目な感じで話が進んでいきました・・・。

議題は「SM」なんですけどね・・・(笑)。。。