お店に向かい、席へ通されると、こうじさんがもう座っていました。

こうじさん「あ、めぐさんですか?はじめまして。こうじです。」

めぐ「はじめまして。めぐです。今日はお店、予約してくださってありがとうございます。

こうじさん「いえいえ、来ていただけて良かったです。もし来てくれなかったらどうしようかと思いましたー  」

めぐ「そんなー、ちゃんと来ますよ。」

こうじさん「とりあえず、先に注文しちゃいましょうか?おなかはすいてますか?
コースとかで大丈夫ですか?」

めぐ「はい、コースで大丈夫です。おなかは結構すいてますー。」

こうじさん「おっ、いいですねー。おなかすいてるって言って、たくさん食べてくれる人だと嬉しいです。飲み物は、最初はグラスでシャンパンをもらって、その後にめぐさんがどれくらい飲めるかにあわせて、グラスかボトルでワインでも頼みましょうかー?」

めぐ「あ、そうですね。では飲み物、それでお願いしますー。」

こんな感じで、テンポ良く会話は進み、美味しい食事を楽しみました。
なんかね、会話が進むかって、上手くいかないときは結構気も遣うし、悩むけれど、合う相手だと、本当にそんなことは考えもせずにすむというか・・・。

例え初対面でも自然に話せるんですよね・・・。この感覚ってやっぱり大事だなぁ・・・なんて思ったりしながら。

そういえば、このレストラン、前にも婚活できたことあるなぁ・・・なんてふと思ったりしながら・・・(笑)

もちろん、そんなことは言いませんがね