一番年下のD男さんが話し出しました。

D男「みんな、女の子達は、SMってどんなイメージ持ってるの?

なんかもう、全然受け付けない感じ?

ちょっとぐらい興味あったりしないかな?」

女子一同「うーーん。。。」

めぐも質問してみました。

めぐ「彼女はSM好きの、というかSMがOKな人じゃないとダメなんですか?」

C男「好きじゃなくても、全然いいんだよ。でも、毛嫌いしないで、ちょっとずつ受け入れて欲しいっていうか・・・。」

女医のB子が言いました。

B子「受け入れるって・・・どういうことですか?一緒にSMしたいの?」

A男「まあ、理想を言えば、そうなんだけど。。」

B男「理想を言えばっていうか、俺はそうだよ。好きな彼女とSMしたい。ごめん、もうぶっちゃける(笑)」

B子「みんな、そうなの?」

男性一同、うなづく・・・

困り果てる女性たち・・・

気まずそうにする男性たち・・・

口を開いたのはイケメンのB男さんでした。

B男「こういう言い方するとあれなんだけど、俺たち、別に彼女が全然できません、とか、そういう訳ではないのね。みんな、それぞれ彼女がいたこともあって・・・。で、最初のうちは、SMに興味があるとか、そういうことって言わないじゃん。で、その話をするまでは、みんな彼女とうまくいってたんだよね。でも、ちょっとずつ・・・そういう話をすると、、、振られて。いつもいつも。。。で、男同士で飲んでた時にそういう話になって。それなら、最初から、出合った時にそういう話を言っておいた方がいいのかなーって。でも、一対一で初対面でそういう話も、女の子、困るかも、ってね。」

まぁ、それはそうですよね。
この4人が、モテないはずがない。彼女なんて、いくらでもできるでしょう。

こんな人たちと付き合えたら、女性なら、「絶対に手放したくない」って思うはず。
で、いきなり?のSM好き暴露・・・。

けっこう辛いかも・・・?

A男「そもそも、SMとかって、女の子はあんまり知らない子も多いと思うし、軽い感じで、みんなでSMバーとか行って、ちょっとずづ?話をしてみて様子をみようかな・・・って話になってさ。」

幹事の元モデルのA子が言いました。

A子「それって、SMのパートナーを探したいってことですか・・・?」

B男「違うよー。彼女が欲しいんだよ。結婚とかも考えられる彼女が欲しくてさ。」

なんだか、雰囲気としては、結構真面目な感じで話が進んでいきました・・・。

議題は「SM」なんですけどね・・・(笑)。。。

これ、もし相手が普通のメンバーというか、ここまでテンションが上がるような相手でなければ、みんな女子たちは露骨に嫌な顔をしてさっさと帰っていたと思うんですよね。

でも、相手は全員そろってイケメンの経営者。そしてコミュニケーション力もエスコート力も抜群な人たちで・・・。
婚活をしている人はわかると思うのですが、散々婚活に励んでも、そんなメンバーに出会える確立って、本当に低いんですよね・・・。。

たぶん、めぐが婚活で出会った相手としては、最上位?最強?のハイスペック集団だったとすら思います。。。

それだけに、話の振り方に困る女子一堂・・・

そもそも、SMってどんなものなのか、改めて考えるとよくわからない・・・

いやいや、ぶりっ子しているとかではないですよ(笑)。

勝手なイメージで、アダルトビデオの1つのジャンル?みたいなイメージしかありませんでした。あとは、お笑い芸人で、確か女王様キャラっぽいのいたよなー?誰だっけあれ?とか。

そもそもSMバーというものがあることすら知らなかった、というか考えてみたこともありませんでした。

SMバーって何??

↑このページのトップヘ